カーテン工場見学①

カーテンの縫製工場を見学してきました。
"工場"って響き聞くだけでワクワクします、ワタシ。
e0025073_22425067.jpge0025073_2243712.jpg















まず最初は「生地の裁断」です。
機械に数字を打ち込むと、その寸法で自動的にカットしてくれます。

続いて、「幅継ぎ」です。
2枚の生地を、人の手で合わせたら、機械で押さえます。
右下のように、糸がセットされた機械が走りさると、2枚が縫い継がれてます。
e0025073_224402.jpge0025073_22441137.jpg
e0025073_22442567.jpge0025073_22443824.jpg





























次は「耳の始末」です。
両端を数センチ折り返し、ミシンで縫っていきます。
そして、再度機械による裁断をします。
一番最初の裁断は、十分ゆとりをもたせ、今回の裁断で調整するそうです。
e0025073_22472922.jpge0025073_22474066.jpg















そして「裾・吊り元の始末」。
吊り元にはさむ芯地にはポリエステルや不織布を使います。
ポリエステルなら洗いやすい、不織布はハネにくい、と、
どちらもそれぞれメリットがあるそうです。

最後に、ヒダに合わせてたたんで、完成です。
形態安定仕様の場合は、たたむ前に蒸気で形態安定をかけます。

と、こんな工程を経て、カーテン完成です。
②へ続く・・。

# by ooowa | 2011-08-31 20:23 | Interior

ラーメン紀行?

毎回、ひさびさ更新でごめんなさい。
毎日暑いですね。
でも去年に比べたら、数段マシだと思いませんか?
去年の今頃は、ワタシが臨月妊婦だったからそう思うのか、実際そうなのか・・。

このブログ初のラーメン屋さんレポートです。
インテリアも素敵だと聞いて訪問した、「五行」というお店。
お店に入って、まず目に飛び込むのは、中庭。
どの席からもこの中庭が見え、普通のラーメン屋さんにはないヌケ感があります。
壁面も種々の板材が貼られていたり、面白い内装です。
e0025073_1642516.jpg











真っ黒の天井には竹が。
e0025073_1665032.jpg











内装を観察するうちに出てきた、ラーメン。
個人的には“焦がし味噌”がオススメです。
e0025073_16472275.jpg











ちなみにトイレも凝ってます。
e0025073_16422925.jpg











翌日もまたラーメン。
関西では、おなじみ『天下一品』。
インテリアは割愛します・・が、数年ぶりの“こっさり”は沁みる美味しさでした。
e0025073_16441041.jpg

# by ooowa | 2011-08-18 16:01 | Shop

NEWCOMER

e0025073_194929.jpg久々に新しい家具が我が家にやってきました!
ストッケ社の『トリップトラップ』です。

↓↓↓の様に、成長に合わせて板の高さを調整でき、
大人までずっと使えます。(画像は「ストッケ」HPより)
成長する椅子なんですね。

以前に担当させていただいたお施主様も持っておられました。
あの頃より、お子さん随分大きくなられたと思いますが、
今も座っておられることでしょう。

足置き板は、こぼれた離乳食を受ける板としても、
とっても活躍(?)してくれています。

板の高さを変える作業で、子供の成長を実感でき、
楽しいですね。次回の作業はいつになるかな~?
e0025073_15581861.jpg

# by ooowa | 2011-05-30 16:26 | Interior

文化遺産的お店

e0025073_4454554.jpge0025073_4455613.jpge0025073_4461760.jpg「お酢の里」見学後、せっかくなので周辺散策。
すると、とてもとても気になるお店を発見。
昭和の香りがしますね。









店内。
手書きメニュー、オレンジボーダーのドリンク
カップなどなど、やはりレトロ感満載です。
メニュー、めちゃくちゃたくさんあります。







店主。
ハンバーガー店と思えない、
シャツにネクタイ姿、きっちりした髪型。
丁寧に接客されており、好印象な方でした。

第一印象とは裏腹に(ごめんなさい)、
お客さんも次々入ってきて繁盛していました。

ただ古いというだけでなく、
店、店主、商品・・時代に流されない、
ポリシーを感じるお店でした。

家に帰ってからも、やはり気になったので、ネットで調べてみると、
地元では有名で、地元で愛され続けるお店の様です。
なんだか納得。
と、同時にこうでありたいなあ、と思いました。

# by ooowa | 2011-05-10 04:45 | Shop

お酢の里へ

e0025073_20211744.jpgお酢と言えば、ミツカン。
そのミツカン博物館「酢の里」
行ってきました。
真っ黒の建物に、真っ白のミツカンマークが
映えてますね。
江戸時代からの建物だそうです。
その前には運河。
昔は酢の運搬に活用されていたそうです。




e0025073_20282888.jpg建物の入口にどーんとミツカンマーク入りの樽。
そもそもは造り酒屋だったそうです。
このマークは家紋をもじったもの。
よく見たら、三つに環・・・ミツカン!!
なるほど。







e0025073_20513498.jpg前半は江戸時代のお酢造りの説明。
製造で使っていた大きな樽が展示されていましたが、とっても分厚くてキレイな板。
床材だったら高級無垢だなあ~と思ってしまいました。
後半は現在のお酢作りや醗酵室の見学。
とても書ききれないので、ココ見てください。





e0025073_2112367.jpgお土産もいただきました。
手軽にお餅が作れるという「もっちー」
売れ行きが芳しくない商品らしい・・(苦笑)
食べたらまたブログに載せますね。

# by ooowa | 2011-05-08 20:17 | and so on

絵本

e0025073_182222.jpg絵本といえば、字が読めるようになるまで、
大人が読んであげるもの・・と思っていましたが、これは、見る絵本。
コントラストの強い配色で、
数ヶ月の赤ちゃんも興味津々です。






e0025073_185417.jpg
「しましまぐるぐる」というこの絵本、
シリーズで色々あるみたいです。

読まない時も、本棚に仕舞わずに、
その日の気分で好きなページを開けて、
飾ってみたくなりますね。





e0025073_1861425.jpgこの雨のストライプもかわいい♪
ファブリックのデザインでもいい感じ。
そのファブリックだったら何を作ろうかな~。

・・と、子供より私の方が興味深々かも・・。

# by ooowa | 2011-03-02 15:14 | and so on

非日常な和室

e0025073_22325421.jpg昨年の遠い昔のモデルルームです。
書きかけで放置してました・・。








e0025073_22336100.jpgこの空間のポイントは、和室。
テーマは「非日常な和室」ということで、
デザイナーズ旅館のようなイメージ。
半畳タタミとアクセントクロスを、墨色にし、
格子戸を設けました。

本当は垂れ壁もなくしたかったのですが、
予算上、今回はできなかったです・・。


e0025073_22331665.jpg格子戸越しの画像。
なかなか雰囲気出ると思いません?

家具は、アスプルンドのラウンドローテーブル

今回は「シニア夫婦が過ごす空間」としての
モデルルームをプランしましたが、
皆さんなら、この和室でどんな風に
過ごされますか?

# by ooowa | 2011-02-18 19:24 | Work

遅くなりましたが・・

e0025073_16351760.jpg2011年初ブログです。
「おそっ」ってツッコミが聞こえてきたような。
もう2月も後半ですもんね・・。

さて、コレは何でしょう?










e0025073_16353081.jpg正解はコレです。
簾を止めておくモノ。
竹製タッセルとでも言えばいいんでしょうか・・。
趣があって、素敵です。

その脇には壁と同じ材料でできている、
ブラケット照明のシェードがあります。
おもしろいですね。

和食のお店なのですが、
外観も瓦が印象的でいい感じでした。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします~。

e0025073_16422740.jpg

# by ooowa | 2011-02-17 16:35 | Interior

晩秋の景色

e0025073_22211692.jpg実家の庭です。
ヤマボウシの実がなっています。
赤くてサクランボにも似ていて、可愛らしいです。

同じ庭にある柿やセンリョウの実は、
鳥の格好の餌食になるのですが、
このヤマボウシの実は、いっこうに狙われている気配ナシ。
見かけに反して、苦いのか・・と思って、調べてみると、
「果肉は柔らかくて、マンゴーのように甘い」と記してあります。
ではナゼ??

考えてみると、2年前に植樹したこのヤマボウシは、他よりずいぶん新入り。
これまでに食したことがないので、鳥が警戒して手を出さない・・。
というのが私の推測です。
真相はいかに?

# by ooowa | 2010-12-01 18:18 | and so on

モデルルーム

先月予告していたモデルルームの画像を(ようやく・・)載せます。

今回は若いファミリーに向けてのモデルルームを、という要望でした。

そこで、ここ数年TVでもよく取り上げられる“リビング学習”に注目してみました。
東大生の半数が個室ではなくリビングで勉強していた、というデータがあるらしいですね。
「頭の良い子が育つ家」という本でも取り上げられているようです。

そんなを“リビング学習”促す空間をイメージし、
『ライブラリースペースのあるリビング』というテーマにしました。

e0025073_10353860.jpge0025073_10283290.jpg







ライブラリースペースとリビングはあえて区切らず、
子供が宿題をしている最中にソファでくつろぐ父親に質問したり、親子が並んでデスクに向かったり、
デスクやソファあちこちで読書する兄弟達・・そんなシーンをイメージしました。
頭が良くなるうんぬんは別にしても、自然と家族がリビングに集まって、
なんとなくのコミュニケーションがいつもある暮らしって楽しいですよね。

e0025073_10333249.jpge0025073_10334584.jpg







左はダイニングスペース。
シェルフを設けてディスプレイできるようにしました。
(壁面全体の造作や間接照明もやりたかったのですが、予算の都合で断念・・)
右は主寝室。
この空間は、大人なイメージでシックにまとめました。

・・と今回はこんな感じでした~。

# by ooowa | 2010-08-31 11:18 | Work